健康面では勿論、美容面でも欠かすことが出来ない栄養素が「ビタミン」です。ビタミンが不足していると風邪を引きやすくなったりと様々な弊害があることはよく知られており、日頃からサプリメントで補っていると言う人も多いでしょう。そんなビタミンですが、実は不足するとまぶたがピクピクと痙攣する原因にもなり得ます。

まぶたの痙攣とビタミンの関係

なぜビタミンが不足するとまぶたがピクピクと痙攣するのかについてですが、そもそもビタミンは目と密接な関係がある栄養になります。ビタミンには視力の回復や眼精疲労をとる働きがあるため、不足するとそもそも目自体に良くありません。まぶたの痙攣も栄養不足によって引き起こされていることが多いため、まずはビタミン摂取を心掛けることをおすすめします。

一口にビタミンと言っても、ビタミンBやビタミンCなど様々な種類があることは有名です。ビタミンの中でも目に良いとされているのは、「ビタミンA」、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ビタミンE」です。ビタミンAはレバーやほうれん草、ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2は納豆や卵類、「ビタミンEはカボチャやニンジンなどから効率的に摂取することができます。いずれもスーパーなどで購入できる食材なので、積極的に献立に取り入れると良いでしょう。

ビタミンの視力に関する効果

ビタミンはそれぞれ効果が違います。例えばビタミンAは、視力の維持に欠かせません。具体的には、涙の分泌量や角膜・網膜の細胞の改善を行い、正常な状態に保ちます。ビタミンAは様々な食べ物に含まれているため、出来るだけ多くの種類の野菜を食べるよう心掛けることでビタミンA不足を防ぐことができます。

ビタミンB1・B2のB群もまぶたがピクピクと痙攣する時は積極的に摂取したいものです。ビタミンB1・ビタミンB2には目の疲労を軽減する効果があるため、目の疲労回復には欠かせません。なお、かつおやまぐろを創とする魚類から摂取できるビタミンB6には水晶体の働きを高める効果があるため、こちらも意識してとりたいものです。

ビタミンB群を摂取する場合に気を付けたいのは、基本的に継続的に摂取し続ける必要があると言う点です。ビタミンB群は基本的に水に溶ける性質を持つ水溶性の栄養素であるため、たっぷり摂取しても水に溶けて身体の外に流れ出てしまうのです。そのため、毎日摂取し続ける必要があります。

まぶたの痙攣以外に眼精疲労や目がしょぼしょぼすると言う感覚がある場合は、ビタミンEを摂取すると良いでしょう。ビタミンEには血行促進効果や、目に酸素や栄養素を送り届ける効果があるため、しっかり摂取することで痙攣が収まることがあります。

身体に必要な栄養をしっかり摂取しよう

このようにビタミンは様々な面から眼瞼痙攣を和らげてくれますが、ビタミンと並んでまぶたの痙攣の原因となるのが、マグネシウム不足です。マグネシウム自体はビタミンではなくミネラルに分類されますが、ビタミンとあわせて摂取することでまぶたの痙攣がより改善されるでしょう。特にストレスが原因のまぶたの痙攣に対して効果があります。マグネシウムは青のりや青さ、わかめなどの海草類に含まれているので、ビタミンとあわせて摂取するようにしましょう。