片方のまぶただけがピクピクと痙攣するというような経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。しかしこのまぶたの痙攣、一体何が原因なのでしょうか。ここではまぶたが片方だけピクピクと痙攣するその原因や対処法、オススメアイテムについて解説していきます。

片方だけのまぶたのピクピクで考えられる原因は2つ

片側だけまぶたがピクピクと痙攣する場合、考えられる原因は2つあります。

1つ目は「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」。これは目の周りについている筋肉が痙攣をすると言うもので、目を開きにくくなる、まばたきが上手くできなくなるなどの症状があらわれます。
2つ目は、「片側顔面痙攣(かたがわがんめんけいれん)」です。片側顔面痙攣はその名称からも分かる通り、顔面の片方だけが
自分の意思に関係なく痙攣を起こす病気です。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

片方だけまぶたがピクピクと震える場合、一番可能性として高いのが先述した「眼瞼痙攣」になります。まぶたの違和感や不快感、まばたきの回数が増える、いつもよりも眩しく感じる、などが初期症状として知られており、最初のうちはまぶたがピクピクと痙攣することはそう頻繁にはありません。

しかし症状が進行するうちに頻繁にまぶたが痙攣を起こすようになり、目を上手くあけておくことができなくなるため視界が悪くなって人や物にぶつかる事が増えてきます。時には生活に支障を来すこともある上に、基本的に自然に良くなる病気でもないため放置は禁物です。病院にいき適切な治療を受けましょう。

眼瞼痙攣の原因ですが、そもそも眼瞼痙攣には「本態性眼瞼痙攣」、「症候性眼瞼痙攣」、「薬剤性眼瞼痙攣」の3種類があります。症候性眼瞼痙攣の原因はパーキンソン病などの病気が原因とされており、薬剤性眼瞼痙攣は抗うつ薬などの内服薬を服用することでなると言われていますが、本態性眼瞼痙攣だけは今もって完璧な解明がされておらず原因が不明な状態です。

しかし眼瞼痙攣は男性より女性の方がなりやすく、中でも50代から70代の人がなりやすいと言われておりますので、気になる方はやはり病院で診断をしてもらうと良いでしょう。

片側顔面痙攣(かたがわがんめんけいれん)

次に「片側顔面痙攣」ですが、こちらはあくまで顔面の片方だけがピクピクと痙攣をすると言うもので、厳密に言えばまぶたが震えるわけではありません。しかし初期であれば左右どちらかのまぶたが痙攣を起こすため、まぶたの痙攣と言う認識をされがちです。

片側顔面痙攣は最初こそ上まぶたか下まぶたの痙攣のみですが、症状が進行することで目の周りや口の周りの筋肉がピクピクと痙攣を起こすようになります。症状が更に進行すると常に顔の片側が痙攣している状態になります。

片側顔面痙攣の原因は、眼瞼痙攣とはまた違い、頭蓋骨の内部で顔面神経が圧迫されることによるケースが多いです。顔の痙攣と聞くと重篤な病気とは感じにくいですが、実は片側顔面痙攣で最も多い原因は脳の血管の動脈硬化によって起こる圧迫であるため、決して楽観視できるものではありません。

また髄膜腫や類上皮腫をはじめとする脳腫瘍や、血管奇形の可能性もあるため、MRIによる検査を必要とします。

アイアクトで気になるまぶたのピクピクを解消

「アイアクト」片方だけピクピクとふるえる眼瞼痙攣に対するケアクリームです。眼瞼痙攣の中には原因不明でなかなか治らないと言うケースも少なくありませんが、アイアクトは医学誌にも掲載された実績あるクリームになります。

目を開いているより閉じている方が楽だと感じる方や、放っておくと自然とまぶたが閉じてしまう方、まばたきを頻繁に行う方には特にオススメしたいアイテムです。

公式サイト:アイアクト

アイアクトの口コミ

女性

即効性がある!
アイアクトを使用してみて驚いたのは、即効性があることでした。目がショボショボしている時にアイアクトを塗るとまぶたがパッチリと開き、以前はよほど酷い顔をしていたのか「疲れているの?」とよく聞かれていましたが、最近はそれも無くなりました。


女性

痙攣の頻度が減りました
ここ2年ほど、頻繁に起きるまぶたの痙攣が気になっていました。接客業なので周囲の目も気になるようになり、痙攣が起きる度に気分が落ち込んでいましたが、アイアクトを使用してからは痙攣が起きる頻度がぐっと減りました。病院で処方された薬と言うわけでもないですから、正直そこまで効果には期待していなかったのですが、まさかこんなに効果があるなんて驚きです。


女性

使い心地が良い
アイアクトを使い始めるより前から、幾つかのクリームを使用していました。しかしどれも劇的な効果を得られないばかりか、重みのある使用感で如
何にも「塗っています」と言う感じがあまり好みではなく、使い続けることができませんでした。その点アイアクトはしっかり効果が実感できる上に、伸びが良く浸透しやすいジェルタイプのため、ストレスなく使い続けることができています。

アイアクトを返金保証付きで試してみる